セグウェイみたいな乗り物「KINTONE(キントーン)」がお手頃価格だしめっちゃ楽しそうな件!

セグウェイみたいな乗り物「KINTONE(キントーン)」がお手頃価格だしめっちゃ楽しそうな件!

皆さんはセグウェイをご存知でしょうか?

アメリカで開発、販売された電動立ち乗り二輪車で、ハワイなどの観光地などでは人気の乗り物となっています。
セグウェイの基本仕様
出典:ラインナップ – セグウェイ公式サイト

僕自身もテレビなどで見ていて面白そうな乗り物だし、欲しいなーと思っていたのですが、セグウェイの基本モデルの価格は925,000円(税抜)となっていて、とてもじゃないですが手を出せません。

しかし、まるでセグウェイみたいな乗り物な上に、意外とお手頃価格で僕でも手を出せそうな乗り物を発見してしまいました・・・!

セグウェイみたいな乗り物「KINTONE(キントーン)」って?

セグウェイみたいな乗り物の名前は、「KINTONE(キントーン)」と言います。

文字で説明するのも難しいので、とりあえず以下の紹介動画をご覧ください。

KINTONE(キントーン)公式サイトを見る

こういった小さいタイプのセグウェイみたいな乗り物の事を、「ミニセグウェイ」と言うそうで、中でも人気の製品がこちらの「KINTONE(キントーン)」なんです。

粗雑な類似品も多く出回っているようですが、「KINTONE(キントーン)」の正規店で購入すれば、半年間の保証もついてきます。

僕が何よりも驚いたのは、セグウェイが90万近い価格に対して、「KINTONE(キントーン)」の価格は48,900円(税込)なんです。

48,900円ですよ?

セグウェイの価格と比べてみると、とりあえず面白そうだから買ってみようくらいの軽い気持ちで手を出せる金額に思えてきます。

体重移動するだけの誰でも使える簡単操作!

KINTONEの操作説明
セグウェイに乗った経験はほとんどの方が無いと思いますが、ミニセグウェイも操作性はほぼ一緒で、基本的に体重移動するだけの簡単操作になっています。

進みたい方向に足の重心を移動するだけで勝手に進むので、かなり感覚的な乗り物ですね。

セグウェイは手で掴む部分がありますが、KINTONEはハンドフリーで乗るので、最初はちょっと恐怖感があるかもしれませんが、慣れてしまえば気になる事はならなそうです。

KINTONE(キントーン)公式サイトを見る

KINTONEは最高速度どれくらい出るの?

動画を見る限りそこそこの速度が出ている様に見えますが、公式サイトで確認してみると、最高速度は「時速10km」。

自転車をゆっくり漕いでいるくらいの感覚とみて良いでしょう。

ちなみに、本家セグウェイの最高速度は「時速20km」となっていますが、ハンドフリーという事を考えると、体感スピードは結構速く感じるでしょう。

PSEマークが付いているから安心!

経済産業省が定める、「電気用品安全法」という法律があるのですが、それをしっかり守って製造、もしくは輸入された製品には「PSEマーク」が付けられています。
PSEマーク
子供が直接触れて遊ぶおもちゃなどにも貼ってあるので、見た事がある人も多いと思いますが、これを取得していないミニセグウェイの類似品が結構出回っているんです。

PSEマークが付いていないという事は、テストなどを繰り返さずに、安全基準を満たしていない危険なものである可能性もあるので、絶対に類似品には手を出さない事をおすすめします。

ミニセグウェイは若者がかなり楽しめる乗り物だとは思いますが、思わぬ事故を生む可能性もあり得ます。

KINTONEは公道で走る事は出来ないので注意が必要!

2016年8月現時点での日本の道路交通法では、セグウェイ、ミニセグウェイの公道走行は禁止されています。

もちろん、KINTONEも公道では走れません。

必ず、公園や私有地などで利用し、周りの安全をしっかりと確認した上で楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です